「まーるく考えよう」ほねおりチャンピオンのスポーツメンタルお悩み相談室ピーシンク P-think

「長期的なメンタルトレーニングって続けていけるかどうか.....」
「なんか専門的な感じがして不安があるし緊張しそう.....」
「とりあえず誰かに聞いてもらうだけでいいのに.....」

 P-thinkは一般的なメンタルトレーニングの現場とは違い
 アットホームで明るい雰囲気の中、本人が実感できるメンタルサポートをいたします。
 心理的スキルを活用した、理論だけに振り回されないやわらかいアプローチが特長です。

「弱みを見せたくない」「レギュラーから外される」「はずかしい」.....
 アスリートやスポーツ選手は悩みがあっても
 チームメートやコーチ、親など周りの人には
 なかなか相談しにくいものです。

まずは心を解放して、あなたのその悩みを吐き出してください。

 いつもの実力が発揮できないなんて、好きなスポーツを楽しめないなんて

絶対にもったいない!

 P-thinkは、その問題を解決に導くお手伝いをさせていただきます。

だれでもお気軽メンタル相談「ココトト」スタート!

「まーるく考える」とは

「まーるく考える」ってどういうこと?
落ち込み、悩んでいる人の心は知らず知らずのうちにマイナス思考に変貌し、固定観念や常識にしばられて、思考停止の状態に陥っている場合がほとんどです。そんな心は角ばったトゲトゲした状態。負の連鎖にはまり柔軟性を失っています。
そんな状態で思考し、反省して方向性を導き出そうとしても、いい答えは出てきません。まずは、心をプラス思考に変換する必要性があります。角のない柔軟性のあるプラス思考で考えていく―それが「まーるく考える」ということ。
マイナスの心は、自分ではコントロールができない周りの目や結果を気にしすぎたり、悪いセルフイメージを作り上げ、今の自分を見失い、原点をも忘れてしまいます。
達成願望欲求が強いプラス思考の状態で導かれた答えと、失敗回避欲求が強いマイナス思考の状態で導かれた答えには大きな開きがあります。出発点は小さな差でも、到達地点やゴールでは大きな結果の差がでてくるのです。
まずは、心のストレッチをしてプラス思考にリセットしてから思考する事が重要となります。
「思考を変えれば、メンタルが変わる」「メンタルが変われば、人生が変わる」
P-thinkは「まーるく考える」方法をご提供いたします!

P-thinkの仕事

P-thinkは現場には深く介入せず、監督やコーチとも接触しません。付きっきりでサポートする訳でも、直接的に競技の練習メニューを作る訳でもありません。人に100%依存せず、自主性を重んじ、自分で考え自分で立ち直るための「コツ」や「ヒント」を与え、セルフコーチング力を身につけてもらいます。心理面のケアと問題点を探っていく「カウンセリング」と、メンタルトレーニングの心理的スキルと心理療法である 「認知行動療法」、 楽しく実感できるオリジナルワークを組み合わせてメンタル強化を図る「メンタルストレッチ」がP-thinkのサポートメニューです。それらによって[自信]を身につけてもらいます。
「やらせる」「押しつけ」ではなく「やってみよう」「やってみたい」へ。 P-thinkは相談者の潜在能力を引き出し、問題解決に導くお手伝いをしていきます。

悩みを打ち明けてもらい苦しい心を解放してもらいます。質問シートやカウンセリングにより悩みの本質や今の自分に気づいてもらい、原因は何か、今後どうなりたいのか、一番良い解決方法は何かを探り一緒に掘り下げて考えていきます。

体と同様に心もストレッチが必要。マイナス思考や固定観念で凝り固まった心を柔軟にし心の可動域を広げるエクササイズです。メンタルトレーニングの心理的スキルとオリジナル理論を組み合わせ、楽しいワークを交えてあなたに最適なアドバイスをいたします。

わかりやすく例えると
P-thinkの役割は、近所の小さなお医者さん。
まずは問診(カウンセリング)をしたり、
薬の処方や注射(メンタルストレッチ)をしたりの短期通院治療なのです。

まずは、悩みを打ち明け手軽に相談できる環境が大切ってことですね。

システム/料金

暗い閉鎖的な環境の中で思考しても、気持ちは沈み込むばかり......
P-thinkは、友達感覚でもいいんです!明るいカフェでもいいんです!
プライバシーを守りながら、まずは気持ちをプラスにできる環境の中で相談する事が、メンタルアップの第一歩です。

相談時間

10:00~22:00(時間外も対応しておりますのでご相談ください)
日曜祝日も対応しております。

※テレフォン&メールコースは10:00〜26:00(AM2:00)まで対応しております。

相談場所

都合の良い場所での出張相談も可能です(交通費別途)
例えば、カフェやファミリーレストラン、居酒屋の個室、カラオケボックス、公園、ご自宅などでもOK!
(場所の指定がない場合、小田急線沿線の新宿~町田までをおすすめしております)

※飲食料金・個室料金など相談料・交通費以外の費用は折半(割り勘)となります。

コース
相談料
(消費税込)

  • プロ、実業団、トップアマチュア
  • アマチュア、学生、児童
だれでもお気軽メンタル相談「ココトト」
お支払い お支払いは相談時に現金でお支払いいただくか、事前に指定口座へお振込ください。

お問い合わせ/ご予約

メンタルパワーマークP紋

<お問い合わせ/ご予約>

メール:(24時間対応)

お問い合わせの場合は、お名前(フリガナ)、年齢、性別、お問い合わせ内容を明記。
ご予約の場合は、お名前(フリガナ)、年齢、性別、連絡先(携帯可)、希望コース名、
希望相談日・時間、希望相談場所、競技名、簡単な相談内容を明記してください。
内容を確認し、こちらから返信メールを送らせていただきます。
(スケジュール調整のため返信に数日かかる場合もございます)

TEL:044-819-8853(10:00〜20:00)

携帯:090-3244-9636

※電話に出られない場合もございますので、また後でおかけ直し下さい。

アドバイザー紹介

全くの未経験の素人が、チャンピオンを目指し始めた格闘技。
気弱で臆病な、極度のあがり症の人間が、たった2年でその目標を達成できた訳とは......

私は40歳を過ぎてから、格闘技を通していろいろな事を学びました。「メンタルとは何か」「自信を持つ事の重要性」「プラス思考の本当の意味」「目標とモチベーションとの関係性」「緊張との向き合い方」......。
メンタルの弱さを痛感した事を切っ掛けに、心理学やメンタルトレーニング、認知行動療法に興味を持ち、様々な方面で勉強を始め、追求を開始。2013年、メンタルで悩むアスリートをサポートする目的で、スポーツメンタルお悩み相談室「P-think」を立ち上げました。私自身、度重なる大きなケガやうつ病、私生活でも多くの困難を経験してきました。そんな苦しい経験があったからこそ、アスリートの苦しみや辛さを理解でき、悩みを共有して一緒に前向きに解決方法を探っていけるのだと確信しています。
明らかに他の選手とは違った、格闘技を始めた動機と始められた理由、そしてたった2年で目標を達成できた訳.......。
それはほとんどの人が意識できていない「ワク」の影響が関係しているのです。
誰でも自分を変えられます。生まれ変われるんです。さあ、一緒に前向きに「まーるく考えて」いきましょう!

谷内 雅紀(タニウチマサノリ)
1967年6月15日生 北海道函館市出身 O型

  • スポーツメンタルお悩み相談室「P-think」代表
  • 有限会社グラフィカ 代表取締役兼グラフィックデザイナー
  • NPO法人 終活総合支援センター メンタルケアカウンセラー
  • クラミツムエタイジム 選手兼トレーナー
  • 民間メンタルスクール 認定 スポーツメンタルアドバイザー
  • 日本学術会議協力学術研究団体 メンタルケア学術学会 認定/一般財団法人 生涯学習開発財団 認定 メンタルケアカウンセラー
  • NICE MIDDLE! 公認 メンタルアドバイザー

40歳で格闘技をはじめ、
42歳の時に「NICE MIDDLE!」フェザー級チャンピオンとなる。
2013年11月に防衛失敗するまでの4年半の間、3度の防衛に成功。
現在、2階級制覇を目指し精力的に活動中! 高校スポーツからプロスポーツまで、球技から格闘技・武道まで 幅広い競技に精通。
現在、現役チャンピオンのキックボクサー数名をはじめ、 各種競技選手や中高生のスポーツメンタル相談など実績多数。
2015年開始の、だれでもお気軽メンタル相談「ココトト」では 個人の仕事や恋愛、人間関係の悩み、あがり症や対人恐怖症、 ギャンブル依存症、自己改革など幅広い悩みや相談に対応。

ページ上部へ